2007年12月02日

プレイヤーとキャラクター

「キャラクターとしての自分を動かすゲーム」と考えると、人生は割とスムーズに行き始める。それを楽しむことが出来れば。

だけど、だからこそ、時々、「「プレイヤー」としての自分」に直接リーチしてくるモノこそが、尊いと思える。

「ゲームとしての人生」を楽しむうえではおそらく無駄だったり、あるいは害悪ですらあったりするのだろうと、頭で分かっているとしても、それが、プレイヤーとしての自分に響いたら、僕は、それをとても大切に思う。

しょーもないことや、くだらない話が。ダサイ音楽や恥ずかしい歌詞が。そうと分かっていながら、とても、大切だと思える。

posted by kohey at 02:57| Comment(0) | TrackBack(1) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

OLさんと交わってきた(笑)
Excerpt: ココに入って、初日からちょめちょめヤレた(笑) しかも39萬ももらえたし(笑)
Weblog: かまくらばくふです!
Tracked: 2007-12-02 23:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。