2009年03月12日

草食と肉食

なんか、電車乗ってて、雑誌かなんかの広告で、
「草食系男子を狙う肉食系女子」とかって書かれてて、
あぁ、なんか、今の女の子は、すごく大変だなぁとか思った。

どっちかって言うと、肉食に追い込まれてしまうってパターンが、
あるんじゃないか。

草食/肉食の定義はよくわからないけど、
男女いずれも恋愛に奥手な人はいるんじゃないか。

そりゃ恋愛だから、こうやれば100%うまくいくなんてことはなくて、
どれだけ尽くしても振り向いてもらえなかったり、
理不尽なこともいっぱいあるだろう。

コミットすればするほど、
傷ける/傷つけられるという可能性は高まる。
そこでコミットレベルを下げて、
コミュニケーションの前線から撤退して、
傷つけない/傷つけられない作法を身につける。

でも、それって本当にいいんだろうか。

恋愛する上で「好きな人を傷つけない為の作法」って、
ちょっとおかしくないか?
それってほんとに相手のためを思って何かをするということか?

結局、自分自身の承認欲求を満たしたいだけなんじゃないか?
見ているのは、「相手の目に映る、自分」なんじゃないか?

わかんないけどさ、
女性がそういう男性の自己承認オナニーに付き合わされて、
半ば脅迫的に恋愛に対して積極的にコミットメントを
表明しなければならないのだとしたら、大変だよね。

仕事も恋愛もシッカリ。料理も出来なきゃいけないのかな。
いつかは結婚して子供だってほしいし、育児もちゃんとしたい。

いや、こう考えると、マジで女性は大変なんじゃないか。
posted by kohey at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。