2009年05月30日

2009年05月27日

移転のお知らせ

諸事情によりブログ移転しました。
仕事の内容も含めて書いていこうと思います。

http://ameblo.jp/ktnb86/
posted by kohey at 02:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

ミッドナイトクルー

西友だかどこだかのスーパーでは、
夜勤パートのことを「ミッドナイトクルー」と呼ぶ。

ミッドナイトクルーは、
出世するとミッドナイトマネージャになる、らしい。
posted by kohey at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

理解し合うこと

あなたが相手を理解しようとしなければ、
あなたが相手から理解されることもない。

他人を理解しようともしないで、
自分を理解してくれる人を探しても、
そんな人、あなたの親兄弟以外見つからないでしょう。

自分が理解されないことを
周りのせいにしているとしたら、
もう一度考えてみるといいかもしれない。

他人を理解しようとしているだろうか。
理解してもらう為に、伝えているだろうか。

posted by kohey at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

ややへこむ。

時々、自分の頭や手が、
自分とは離れたところで動いている気分になるときがある。
まぁ、頭が回ってないということだろうけど。

色々考える。

もう、高校を卒業して10年になる。
ヒゲも伸びたし、それなりに変わった。
10年経てば、細胞もほとんど入れかわってるんだろう。

そう考えると、自分が自分であることを論拠づけているモノは、
自分の中にある曖昧な思い出と、
周りにいる友達だけなのかも知れない。

だからどうって事もない。
自分が何者であっても、まぁいいか。
なんかの役に立てば。

人生の目標。

いきなりアフリカや南極に落とされても、
何とか周りの人の為に働けて、
楽しく生きていける心と体と頭を持つこと。

28歳にもなってなんだがね、
たまには意味もなくへこむ日もある。


たまたま見つけた谷川俊太郎さんの詩が
印象的だったので、書き残しておく。

生きるって、毎日の気づきだよねー。



「生きる」  谷川俊太郎

生きているということ
いま生きているということ
それはのどがかわくということ
木漏れ日がまぶしいということ
ふっとあるメロディを思い出すということ
くしゃみをすること

あなたと手をつなぐこと

生きているということ
いま生きているということ
それはミニスカート
それはプラネタリウム
それはヨハン・シュトラウス
それはピカソ
それはアルプス
すべての美しいものに出会うということ
そして かくされた悪を注意深くこばむこと

生きているということ
いま生きているということ
泣けるということ
笑えるということ
怒れるということ
自由ということ

生きているということ
いま生きているということ
いま遠くで犬が吠えるということ
いま地球が廻っているということ
いまどこかで産声があがるということ
いまどこかで兵士が傷つくということ
いまブランコがゆれているということ

いま いまがすぎてゆくこと

生きているということ
いま生きているということ
鳥ははばたくということ
海はとどろくということ
かたつむりは はうということ

人は愛するということ

あなたの手のぬくみ
いのちということ

posted by kohey at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

試合と勝負

試合と勝負は違う。

例えばM−1グランプリはノンスタイルが優勝したが、
その後メディアに出まくっているのはオードリーである。

メディアに出ることを芸人の勝負と考えれば、
M−1はあくまで「1つの試合」である。
オードリーは試合に負けて勝負に勝ったのかもしれない。
もちろん、これも現時点での話。

4月1日ということもあり、
新入社員や新入学生として新たな一歩を踏み出す人がいる。
残念だけど、希望の就職が出来なかったり、
希望の学校に入れなかったりする人も一杯いるだろう。

大学受験や就職活動も1つの試合。
まだまだ何試合もある。勝負はこれから。

試験はもちろん大事な試合だったけど、
それはあくまで昨日に自分に対する他人の評価。

それは昨日までは正しかったけど、
明日はどうか分からない。

昨日正しいものが明日も正しいなんてことはないのは、
恐竜が絶滅した数万年前から分かってるし。


今日は俺も試合に負けたー。
だけど、勝負に勝つために負けたと思う。
負け惜しみだけど。

てかね、勝負の相手が違うんだよ。
人によらず、天を相手にしなきゃならんのよ。
西郷さん風に言えば。

posted by kohey at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

学ぶということは自由を獲得するということ

昨日だったか、TBSの情熱大陸に
ノーベル物理学賞を受賞した益川さんが出てた。

で、講演会で学生たちにこう伝えていた。

「学ぶということは自由を獲得するということ」

うーーーーん、ホントそうなんだろうなーとしみじみ思った。

昔は、自分が今したいことをしたほうが自由じゃん!って
思ってたんだが、実際、そうでもない。

自らによって生きることが出来るか?が自由だとしたら。

自分の人生の価値判断を他者に依存したりせず、
自分の考えを自分の言葉と行動で表現するために、
学ぶんだろうなーと思う。

最近やっとだ。
自分の考えを信じて、動くことが出来るようになってきた。

思えば、18歳くらいからずっと、
自分を信じられずに生きてきた気がする。

10年ばかり経過して、色々な人と出会い、やっと分かってきた。

同じ“ような考え”をもった人は、
あくまでも「近い考え」であって、「同じ」ではない。
ズレはどっかで大きくなる。
自分の思いは自分から実行に移して、答えを得るまで
納得できる事など何もない。

不平不満を言うことはたやすいが、
残念ながらもはやそれで納得できるほど小さな器ではない。

だからこそ、自身が自由でいるために、
学び続けることが、とても重要なんだと、眠いけど思う。
posted by kohey at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

ソフトバンクの採用試験

ソフトバンクに労働基準法抵触の可能性も、就職希望者に携帯電話の契約を獲得させる GIGAZINE

ソフトバンクグループのソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコムの3社は2010年春の採用に応募している大学生らに携帯電話の契約獲得実績を採用の可否の判断基準にする方針を伝えていたそうです。

うーーーん。どうなんでしょ。

入社希望者に対して何らかの実技試験みたいなものを課すというのはあると思うんだけど、それはあくまで適正を見る為の試験であるべきで、今回のように、入社希望者に対して、自社サービスの直接的な売り上げ貢献を求めるのは、やっぱ違うんじゃないかなと思う。

成果報酬型でいくらかもらえるんなら、それはそれでいいかもしれないけど。

まぁ、ソフトバンクの状況から、このような人材を求めているのは確かなんだろうな、と。携帯電話は人口が減少していく中での成熟市場でシェア3位。携帯以外も、シェアを奪うためにARPUを下げてプロモーション費を莫大に投入するのがソフトバンク流ってイメージ。これを刈り取る協力なセールスが欲しい。うん、そうだろう。

ただ、生理的に合わないわ、俺は。犬と上戸彩はかわいいけど。

採用試験って求める人材とか社風が出るなぁと思う。

今の会社に入る前、ある会社の中途採用の試験を受けたのだけど、筆記試験で英単語の読み書きとか漢字の書き取りとか出てきて、なんか、これで俺を評価されてしまうのかーと思ったらアホらしくなって、書かずに提出したことを思い出した。

試験を作った人は、Googleっていうサイトがあることを知らなかったんだろうか。
posted by kohey at 01:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

草食と肉食

なんか、電車乗ってて、雑誌かなんかの広告で、
「草食系男子を狙う肉食系女子」とかって書かれてて、
あぁ、なんか、今の女の子は、すごく大変だなぁとか思った。

どっちかって言うと、肉食に追い込まれてしまうってパターンが、
あるんじゃないか。

草食/肉食の定義はよくわからないけど、
男女いずれも恋愛に奥手な人はいるんじゃないか。

そりゃ恋愛だから、こうやれば100%うまくいくなんてことはなくて、
どれだけ尽くしても振り向いてもらえなかったり、
理不尽なこともいっぱいあるだろう。

コミットすればするほど、
傷ける/傷つけられるという可能性は高まる。
そこでコミットレベルを下げて、
コミュニケーションの前線から撤退して、
傷つけない/傷つけられない作法を身につける。

でも、それって本当にいいんだろうか。

恋愛する上で「好きな人を傷つけない為の作法」って、
ちょっとおかしくないか?
それってほんとに相手のためを思って何かをするということか?

結局、自分自身の承認欲求を満たしたいだけなんじゃないか?
見ているのは、「相手の目に映る、自分」なんじゃないか?

わかんないけどさ、
女性がそういう男性の自己承認オナニーに付き合わされて、
半ば脅迫的に恋愛に対して積極的にコミットメントを
表明しなければならないのだとしたら、大変だよね。

仕事も恋愛もシッカリ。料理も出来なきゃいけないのかな。
いつかは結婚して子供だってほしいし、育児もちゃんとしたい。

いや、こう考えると、マジで女性は大変なんじゃないか。
posted by kohey at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

人に向かわず天に向かえ

最近、ビジネス書ばっかり読んでる気がして飽きてきたので、新聞で記事を見つけた「人に向かわず天に向かえ」という本を読んだ。実際の脳外科医の先生が書いた本だ。

良い本だった。現代病とも言える鬱の一要因として、右脳の機能低下が挙げられるという話。外部に適応しようとする右脳がストレスにさらされ続けられて機能低下し、動物的な脳による自己防衛機能が働き、色々な問題が発生するらしい。

で、「私」のことを考えすぎてしまうことが、良くないらしい。だから「私」ではなく「公」を思い、志を持つことが右脳を強化し、ストレスを力に変えてくれるのだという。

細かい話はいい。人間らしく生きるとはどういうことだろう。考えさせられた。自分のためではなく、世のため、人のために何かをしようと思う志を持って生きる。それが、外部からのストレスに耐え人間らしく成長する力をくれる。

志。武士の心、だな。いい言葉だ、こうやって考えてみると。

この本のタイトル「人に向かわず天に向かえ」というのは西郷隆盛の言葉だと言う。西郷さんは確か2度も島流しにあっている。相当なストレスだったに違いない。何しろ「島流し」だ。流されるのだ。島に。しかし彼はその間も勉学に励み、志によってその経験を力に変えた。そして、実際に世の中を変えてしまった。

もし、心が少しでも弱っている人がいたら是非読んでみてほしい一冊。

そういえば、脳には痛覚がないらしい。だから、頭の皮膚にだけましをかけて、目が覚めた状態で開頭し、手術する方法が最近は主流らしい。その方が、脳を傷つけてしまう可能性が低いのだと言う。こわいけど、おもしろそう。



posted by kohey at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。